全ては赤ちゃんのために~安全な洗濯洗剤の選択方法~

親子

乳児湿疹の治療

おあそび

乳児湿疹の治療は、さまざまな方法があり価格もさまざまです。症状に合わせた治療を行うことが重要です。どのような対策を行うべきであるのかなど日頃からの肌のケアを行うことによって、悪化と予防を行うことができます。

詳しくはコチラ

安全性の高い洗剤とは

デリケートなお肌の赤ちゃんは洗濯洗剤の影響でお肌が荒れることがあります!お肌に優しい物をこちらで見つけましょう!

赤ちゃんの肌着の洗濯で注意

赤ちゃん

赤ちゃんは生まれて間もないために肌が弱く、衣類の洗濯でも注意が必要です。洗剤も赤ちゃん衣専用の洗剤で洗濯しないと着せた時に肌にしっしんやかぶれが起きることもあります。 そのためにゆすぎはしっかりとおこなう必要がありますし、また赤ちゃんによっては柔軟剤も肌をやられてしまうこともありますので、赤ちゃんの様子を見て柔軟剤の使用の有無を判断する必要があります。 また赤ちゃんの洗濯は頻繁におこなうことが多いために、下着は多く用意しておくことが必要です。肌着を何回も洗濯するとゴワゴワ感が出てきてそれが肌を傷つけることもあるため、多くの枚数を準備して長いサイクルで使い回すことが必要です。直接弱い肌にあたる部分の下着のために小さいうちは注意が必要です。

赤ちゃんの洗濯洗剤を選ぶポイント

赤ちゃんの衣類は汗っかきだったりミルクなどで汚れたりして洗濯の回数は多くなります。しっかり汚れを落としたいのですが、直接肌に触れるものなので何度洗ってもごわごわしないように優しく洗いたいものです。 では、どんな洗剤が赤ちゃんの洗濯に適しているのでしょうか?まず、一般的に大人の洗濯洗剤の中で使われている漂白剤や蛍光増白剤はアレルギー反応や肌トラブルの原因になることもありますし、何度も洗うことで徐々にごわつき感がでてきますので、できれば避けたいです。肌がデリケートな赤ちゃんの洗濯洗剤には純石けん分がメインのものや香料にはエッセンシャルオイルが使われているものがおすすめです。 また、赤ちゃんの洗濯洗剤を優しいものにしていても、すすぎ残しがあると肌への刺激になります。洗剤が残らないようにきれいな水でしっかりすすぐようにしたいですね。

水は買うべきか

赤ちゃん

水を購入する傾向が強くなっている近年、赤ちゃんに与えるものも買うべきでしょうか。最近では水道水の質も改善されています。一度沸騰させれば衛生的に問題なく飲むことが出来ます。神経質になりすぎず、冷静に判断することが大切です。

詳しくはコチラ

乳児湿疹について

赤ちゃん

乳児湿疹をケアする方法は様々あります。また、1〜2歳頃になると自然に治っていくと言われています。しかし、乳児湿疹がいつまでも治らない場合や悪化した場合は他の原因も考えられるため専門医を受診する事をお勧めします。

詳しくはコチラ

保湿効果が高い

おねんね

赤ちゃんの肌はデリケートな状態なのでベビーローションを塗ってケアを行なうことが必要になります。保湿をしっかり行なうことによってもっちりとした肌に仕上げていくことが出来るでしょう。

詳しくはコチラ

オリゴ糖の摂取が大切

赤ちゃん

赤ちゃんの便秘を解消していくためには、オリゴ糖の摂取が必要になります。自然の素材を使用しているため、腸に負担をかけることなくスムーズに便を排出してもらうことが出来ます。

詳しくはコチラ

マッサージに使用

手

ベビーオイルはマッサージに使用していくことで肌にかかる負担を軽くしていくことが出来ます。また、製品の種類も豊富になっているので、それぞれの特徴をチェックしながら決めることが大切です。

詳しくはコチラ