全ては赤ちゃんのために~安全な洗濯洗剤の選択方法~

親子

水は買うべきか

水は買う時代に

赤ちゃん

赤ちゃんのミルクや離乳食、飲み水などはできるだけ安全なものを飲ませてあげたいものです。最近では大人でも市販のミネラルウォーターを買って飲んだり料理に利用している家庭も多く、水を買う時代になってきています。東日本大震災後は水道水に含まれる放射能などにたいする懸念から、買う傾向がさらに加速しているように感じます。 しかし、加工された水は赤ちゃんに適していない場合もあります。特にミネラルウォーターに関しては、赤ちゃんにとってミネラルの摂取が過剰になってしまい、消化しきれずに下痢や嘔吐などを引き起こす場合があるので注意が必要です。また、ウォーターサーバーなどは安全ではありますが、それなりの費用がかかってくるので、設置すると家計に負担がかかってしまいます。

本当に買うべきなのか

それでは本当に水道水は危険なのでしょうか。一昔前には匂いの問題やカルキの問題であまりよくないイメージがありましたが、最近では改善してきている地域が多くあります。自治体のホームページなどで水質検査の結果や放射能検査の結果を公表しているところも多くみられます。以上のようなことから、水道の水が危ないと決めつける時代は過ぎつつあるのではないでしょうか。上記のように検査結果なども公表されていますから、自分の目で確かめて安全と判断できれば使用しても何ら問題はないと思います。もちろんそのまま与えるのではなく、一度沸騰させてから使用するなどの対策は必要です。赤ちゃんの安全のことですから、お母さんはどんなことでもしてあげたくなるものです。しかし、過剰に神経質にならずに冷静に判断することが大切です。